女性の薄毛対策

女性の薄毛対策

加齢とともに毛質が弱々しくなったり、毛が薄くなってきて全体のボリュームがなくなってしまうといった女性の方はたくさんいます。

 

乱れた生活習慣やストレスがこういった薄毛の主な原因となりますが、女性の薄毛にはいくつかの種類があります。今回は、それら女性の薄毛の種類、原因、対処法についてお話します。

 

女性の髪にとって最大の敵である薄毛。今現在薄毛症状に悩まされている方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

女性の薄毛の原因はいくつか種類がある

さて、まずは薄毛の種類についてみていきましょう。女性の薄毛にはどういったものがあるのでしょうか?

 

瀰漫(びまん)性脱毛症

女性の薄毛において最も多い種類がこの「瀰漫性脱毛症」です。生え際からじょじょに薄くなっていくといったものではなく、全体の髪が万遍なく薄くなるというのが特徴です。パッと見ただけではどの部分が薄くなっているのか判別しにくいのも特徴です。

 

そんな瀰漫性脱毛症の原因は、ストレス、ダイエット、更年期障害前後の女性ホルモンの減少、間違ったヘアケア等様々です。これらが複数合わさることで瀰漫性脱毛症を発症するというケースが多いので、これらに心当たりのある方は要注意です。

 

分娩後脱毛症

分娩が終わると同時に毛が抜けやすくなる症状「分娩後脱毛症」。

 

女性ホルモンの分泌が活発になる妊娠後期は抜け毛が減少しますが、これは妊娠によってヘアサイクルの成長期が続くためです。ですが、分娩が終わると元のホルモンバランスに戻るため、成長期だった毛が一気に休止期へ突入してしまい、結果的に毛がたくさん抜けてしまいます。

 

半年〜1年程で自然に回復しますが、もともと体力の回復スピードが遅い方や、高齢出産をされた方はこの回復に時間を要する場合があります。

 

円形脱毛症

その名の通り、特定の箇所が円形に脱毛する症状です。前兆が一切なく毛が抜けたり、髪の毛以外の毛が抜けたり、一か所に限らず数か所だったりといった特徴があります。

 

そんな円形脱毛症は、免疫機能を正常な状態にサポートする「リンパ球」が正常に働かなくなってしまうことによる自己免疫疾患が大きな原因だと考えられています。アレルギー疾患やストレス等が根本的な原因だとされていますが、実際のところ科学的には証明されていないのが現状です。

 

 

薄毛対策は生活の見直しから

 

これらの薄毛症状の対策は大きく分けて3つあります。

 

  1. バランスの取れた食生活を送る
  2. 十分な睡眠をとる
  3. ストレスを溜め込まない

 

薄毛対策としてまず一番大事なのがバランスの取れた食生活を送るということ。毎日の食事でタンパク質、ミネラル、ビタミンといった髪に欠かすことのできない成分を積極的に摂取するようにしましょう。

 

それから、十分な睡眠をとるということ。髪の毛というのは、寝ている間に皮膚に血液が流れることで成長します。夜更かしをすればするほど髪の成長を妨げてしまうのでできるだけ早く寝ることを心がけてください。

 

最後に、ストレスを溜めすぎないということ。ストレスを受けることでホルモンバランスや自律神経が乱れ、血流が悪くなり、本来頭皮に行き届くはずの栄養素が行き届かなくなってしまいます。これが抜け毛、薄毛の大きな原因となります。「日頃ストレスを感じてるなあ」と心当たりのある方は、ぜひこまめにストレスを発散すことを意識してください。

 

 

見出し:改善されなければ病院へ
これらの対策を実践しているのになかなか薄毛が治らないという方は、病院で薄毛治療を受けることをおすすめします。最近では頭髪治療専用のクリニックがあり、薄毛で悩んでいる多くの方が日々受診されています。医院の中には女性専用の待合室が設けられているところもあるので、リラックスして通うことができますよ。

 

まとめ

女性の薄毛には大きく分けて、瀰漫(びまん)性脱毛症、分娩後脱毛症、円形脱毛症の3つの種類があるということがわかりましたね。今現在これらの薄毛症状に悩んでいるという方は、ぜひバランスの取れた食生活、十分な睡眠、ストレスの発散を意識してみてください。それでも改善されなければ、頭髪治療専門のクリニックの受診を検討されることをおすすめします。