自分でできるヘアケア

自分でできるヘアケア

皆さん、意識して毎日ヘアケアしていますか?「ヘアケアは美容院に行ったときにだけやってもらっている」なんて方は多いかもしれませんが、毎日自宅でできることもあります。今回はそんな自分でできるヘアケアについて詳しく紹介します!これらのちょっとしたケアを習慣に取り入れることで、見違えるほど美しい髪になるかもしれませんよ♪

 

きちんとブラッシング

まず、ヘアケアの基本とも言えるのが「ブラッシング」です。髪の毛を洗う前に軽くブラッシングして髪のふけやほこりを浮き上がらせてください。そうすることで、シャンプーをするときにより洗髪効果が得られます。また、ブラッシングは頭皮の血行を促す効果もあるので、抜け毛や薄毛の予防にもなりますよ。そんなシャンプー前のブラッシングには「クッションブラシ」がおすすめです。

 

スタイリング時にブラッシングをするというのも、髪の毛を美しく見せるためのポイントです。スタイリングでブラシを使う場合は、それぞれの髪質、髪の長さに合ったものを使うようにしましょう。ストレートヘアの場合は、動物性のブラッシング用ブラシを使えば綺麗にツヤが出ますし、ウェーブヘアの方はスタイリング用の「ロールグブラシ」や、ドライヤーの際に使う「ブローブラシ」、カールを強調させる「ロールブラシ」が相性抜群です♪

 

 

傷んだ髪はトリートメント

髪の毛が傷んでいる場合はトリートメントも欠かせません!髪の毛はお肌と同じで、乾燥するとガサガサ、ボロボロになるので、常にうるおいを与えてあげることが大切です。
ひとえにトリートメントといっても、あらゆる商品があるのでどの商品を使えばよいかわからないといった方も多いかもしれません。そんな場合は、自分が現在使用しているシャンプーと同ブランドのトリートメントを使ってください。

 

さて、そんなトリートメントですが、手順を簡単におさらいしておきます♪

  1. シャンプーをしたあとにトリートメントを手に取ります
  2. 痛みやすい毛先から上方向へゆっくりトリートメントを馴染ませます
  3. 5分ほどそのまま放置して丁寧にすすぎます
  4. すすぎ残しのないように時間をかけてすすぎましょう

 

注意点として、トリートメントは頭皮までつけないように気を付けてください。頭皮につくと毛穴詰まりの原因になってしまうのでなるべく髪の毛にだけつけるようにしてください。

 

:頭皮マッサージで髪を元気に

先ほどブラッシングをすると頭皮の血行が良くなると言いましたが、頭皮をマッサージしてあげることでより血行促進効果が期待できます。

 

血行が良くなることで頭皮の隅々に栄養素が行き届き、健やかで美しい毛が生えてきます。また、毛穴の詰りを防ぐので抜け毛や薄毛の予防にもなります。

 

そんな頭皮のマッサージですが、手軽にできる方法を紹介しておきます♪

  1. こめかみあたりから耳の上方にかけて親指以外の4本の指の腹をあてます
  2. 耳を覆いかぶすように親指を後頭部に当て手を固定します
  3. そのままの状態で4本の指で圧力をかけて円を描くようになぞります
  4. この動作を微妙に位置を替えつつゆっくり行ってください

 

くれぐれもマッサージのやり過ぎには気を付けてください。やりすぎるとかえって頭皮にダメージを与えてしまうので、5分程度を目安に行いましょう。また、爪を立てないように気を付けてくださいね。

 

最近では、頭皮のマッサージ専用の器具なんかもたくさん販売されているので、そういった商品を試してみるというのも良いかもしれません。ブラシを使う場合は、クッション性に優れた木製のヘアブラシを使うと余分なダメージを与えずに済むのでおすすめですよ。

 

自分でできることはとことんやっておこう!

以上が自分でできるヘアケア方法です。今回紹介した「ブラッシング」、「トリートメント」、「マッサージ」の3種類を毎日習慣的に行うことで美しい髪の毛を手に入れることができます。「美容院に行ったときにプロにやってもらえるから良いや」と思われている方もいるかもしれませんが、自分で毎日のヘアケアをしっかりやっておくことで、自分でもびっくりするような効果が得られるかもしれませんよ♪