髪の毛と食べ物の関係

髪の成分はタンパク質

髪の毛というのは、「ケラチン」というタンパク質の一種が主成分となってできています。そして、このケラチンは「メチオニン」というアミノ酸によって生成されるのですが、このメチオニンは体内で生成することができないんです。

 

ですので、日ごろから意識的に食事でタンパク質を摂取しないと、健やかな髪の毛が生えてこないということになります。ということで、食生活で髪の毛を美しくするなら、お肉や魚、卵、乳製品等といったタンパク質をバランスよく摂取することがポイントとなります。
それでは、具体的に髪の毛に良い食材を紹介していきます。タンパク質以外に必要な栄養素、食材も紹介しているので参考にしてください。

 

髪をキレイにする食べ物や栄養は?

タンパク質が含まれた食材

牛肉や鶏肉、豚肉といった肉類、カツオ、サンマ、マグロ、サケ、イワシ、エビ等といった魚介類、チーズや牛乳、ヨーグルトといった乳製品、納豆、豆腐、枝豆といった大豆製品、それから卵がメインとなります。

 

タンパク質の一日の摂取目安量は、「体重1sあたり1g」とされています。50sの人であれば50gのタンパク質を摂取することが望ましいということですね。ぜひ毎日のご飯でこれらの食材を毎日意識的に取り入れてください。髪の毛の主成分となるタンパク質が不足してしまうと、どんどん髪の毛がばさつき、ボロボロになってしまいます。

 

ビタミンAが含まれている食材

粘膜や皮膚を生成する「上皮細胞」の元となるビタミンA。ビタミンAが不足すると頭皮が乾燥しやすくなるので、タンパク質と併せて摂取しておきたい成分です。特に頭皮の乾燥が気になるという方は意識的に摂取してください。

 

そんなビタミンAが含まれている食材ですが、うなぎ、レバー、チーズ、バター、人参やかぼちゃ等の緑黄色野菜、卵といったものが挙げられます。とくに卵はタンパク質も兼ねているので美髪におすすめの食材です♪

 

ビタミンEが含まれている食材

血流を良くする働きのあるビタミンE。ビタミンEを摂取することで、血流がスムーズな状態になるので頭皮へ必要な栄養素が行き届きやすくなります。結果的に、健康的な髪を維持することができます。

 

そんなビタミンEが含まれている食材ですが、代表的なものはアーモンドやくるみ等のナッツ類です。あとはサフラワー油、ひまわり油等といった植物油、たらこ、うなぎ、アボカド、かぼちゃにも多く含有されています。

 

亜鉛

サラサラヘアの源となる成分亜鉛。髪の毛の元となるケラチンの生成を直接的にサポートする美髪には欠かせない成分です。すべすべ、ツヤツヤ、サラサラの髪の毛を手に入れたいという方は、ぜひ習慣的に摂取してください。
そんな亜鉛が含まれている食材は、ほたて、牡蠣、あさりといった貝類、豚レバー、うなぎ、納豆、卵等です。

 

日常的に食べることが難しい食材が多いですが、卵や納豆等にも少量ながら含まれているので、これらで代用しても問題ありません。週に一回亜鉛がたっぷり含まれている牡蠣やほたて等を食べるというのも良いですね。物足りないという場合は、サプリメントで代用するのもOKです!

 

オメガ3脂肪酸

最近テレビ等でよく耳にす「オメガ3脂肪酸」。イワシやサンマ等の青魚に含まれている「コサヘキサエン酸(DHA)」、「エイコサペンタエン酸(EPA)」や、エゴマ油やナッツ類に含まれている「α-リノレン酸(ALA)」等が挙げられます。

 

そんなオメガ3脂肪酸を積極的に摂取することで、抜け毛や切れ毛、枝毛といった毛のトラブルの予防になります。ぜひ食生活に青魚、ナッツ類、エゴマ油を取り入れることをオススメします。

 

こんな食生活はダメ

では逆に頭皮に良くない食生活についても触れておきます。頭皮に良くない食生活は、一言で「バランスの悪い食事」です。特に、炭水化物や糖質が過多になってしまうという方は多いのではないでしょうか。

 

「この食材が頭皮に悪い!」といったことは一概に言えませんが、栄養バランスの乱れこそが頭皮トラブルの元となります。パンをたくさん食べていたり、緑黄色野菜を食べずにお肉をたくさん食べている等食生活が偏っているという心当たりのある方はぜひ普段の食生活を見直して、毎日の食事に上記の食材を積極的に取りいれてみてください。