正しいシャンプーのやり方

シャンプー前にブラッシングしておく

あなたは、毎日どのようにして髪の毛を洗っていますか?ひょっとするとその洗髪方法、髪、頭皮にダメージを与えているかもしれません!今回は、ダメージを与えることなくしっかり汚れを落とすための最適なシャンプーの手順を紹介します♪

 

シャンプー前にブラッシングしておく

シャンプーをする前に必ずやっておきたいことがあります!それは、「ブラッシング」です。ブラッシングをすることで、よりシャンプーの泡立ちが良くなり、溜まった皮脂を取り除くことができます。髪の長い方ほど入念にブラッシングする習慣を付けてください。

 

 

シャンプー前にぬるま湯で髪をなじませる

ブラッシングを終えたら頭をシャワーで濡らしますが、このとき熱いお湯を出すことは控えてください。

 

40度を超えるような熱いお湯で流すと、頭皮にダメージを与えて余分に皮脂を分泌させてしまう恐れがあります。理想としては、「38度前後」のぬるま湯で軽く指の腹で丁寧に素洗いします。この素洗いの段階で、汚れの80%は取り除くことができます。

 

 

しっかり泡立ててからシャンプーする

さて、いよいよシャンプーを手に出しますが、手に出したらそのまま髪につける前にしっかり手の中で泡立たせてください。泡立てずに直に地肌につけてしまうと、シャンプー剤が頭皮に残ってしまいます。ですので、しっかり洗い流せるように泡立たせましょう。

 

また、出し過ぎにも気を付けてください。ショートヘアであれば10円玉サイズ程度を手に取り、あとは手のひらで泡を膨らませるイメージです。ロングの場合はその3倍ほどの量を手に取ってください。少量すぎて泡立ちが悪いなと思ったら、シャンプーを足すか、2度洗いしてください。

 

 

髪と頭皮を洗う

シャンプーをする際髪だけに意識を向けるのではダメです。指の腹を使って頭皮もしっかり洗うことを意識してください。また、頭皮ケアとして軽くマッサージするようなイメージで洗うと、毛穴汚れを浮き上がらせるだけでなく、血行の活性化によって抜け毛防止にも繋がり一石二鳥です♪

 

シャンプーをせんぶ洗い流す

髪と頭皮をしっかり洗ったら、あとは洗い流すだけです。ですが、実はこの洗い流しが最も重要なんです!

 

もししっかりシャンプーが洗い流せないと、後々毛穴詰りやかぶれといった肌トラブルを起こしてしまいます。5分程度じっくり時間をかけてすすぐ習慣を付けてください。「ちょっとすすぎすぎかな?」と思うくらいが丁度良いです。どれだけロングヘアでも5分かけてすすげば、バッチリシャンプーを洗い流せます。

 

 

最後に頭皮マッサージをして血行を促そう!

シャンプーをしている最中に頭皮マッサージをすると血行促進に繋がるとお話しましたが、シャンプーを終えた直後にマッサージをしても問題ありません。

 

マッサージで頭皮をほぐすことによって、血液の循環が良くなり、頭皮に十分な栄養素が行き渡ります。結果的に、頭皮のトラブルを防ぎ薄毛や抜け毛といったトラブルの予防に繋がります。指の腹を使って、5分間ほど頭全体に軽く圧力を与えると血行促進効果が得られますよ♪

 

皆さんこのマッサージをサボりがちですが、毎日やっているかやっていないかで数年先の髪質に大きな違いが出るので、ぜひ毎日実践してください!

 

 

シャンプーの仕方を間違えると頭皮トラブルになるので注意

以上が正しいシャンプーのやり方です。これらの工程を怠ったり、間違った洗髪方法でシャンプーをしていると、むしろ髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまうことになりかねません。また、余分にすすぎすぎたり、強く洗ったり、1日の間に2回以上シャンプーを使ったりといったことも頭皮トラブルの原因となるので控えてください。

 

毎日正しい方法で髪の毛を洗うということが、最大のヘアケアになりますので、髪トラブル、頭皮トラブルのリスクを避けたいという方はぜひ今回紹介した手順でシャンプーすることを習慣づけてください。