シャンプーの選び方

シャンプーを選ぶ前に自分の頭皮のタイプをチェックしよう

シャンプー選びをする上で欠かすことができないのが、「自分の頭皮のタイプを知っておく」ということです。

 

どれだけ良いシャンプーを使っていても、その商品が自身の頭皮に合っていなければ頭皮にダメージを与えてしまい逆効果になってしまうこともあります。

 

では、頭皮にはいったいどんな種類があるのでしょうか?大きく3つのタイプに分けることができます。

 

シャンプーで洗髪をしたあと、コンディショナーやリンスを使わなくても一定期間髪の毛がさらさらの状態をキープするという方はノーマルタイプです。枝毛やパサつきが起こりにくいという特徴も。

 

乾燥タイプ

皮脂が少ないために普段から髪の毛がパサつきやすく、フケなども出やすいのが乾燥タイプ。髪が傷みやすい反面、汚れにくいというメリットもあります。

 

オイリータイプ

皮脂が分泌されやすく、髪がべたついたり脂っぽくなったりするのがオイリータイプの特徴です。乾燥タイプとは逆に、髪が傷みにくい反面汚れが溜まりやすいというデメリットがあります。

 

ノーマル、乾燥、オイリーとそれぞれ3つのタイプに分けられますが、あなたはどのタイプに当てはまりましたか?

 

シャンプーにはどんなものがあるのか

さて、自分の頭皮のタイプがわかったら、いよいよシャンプーの種類についてみていきましょう。シャンプーのタイプも大きく分けて3種類あります。

 

高級アルコール系シャンプー

名前だけ見ると、高価なシャンプーなのかな?と思いがちですが、「高級」というのは分子の中に含まれている炭素が多いということを示しています。市販のシャンプーの多くがこの高級アルコール系シャンプーで、最もポピュラーなものです。

 

強力な洗浄成分である「ラウリル硫酸Na」、「ラウレス硫酸Na」が含有されており、洗髪効果は非常に高いです。ただし、効果が強い反面頭皮に与える刺激も大きいという特徴があります。ですので、肌の弱い人やアレルギー肌の人は使用を控えてください。

 

石鹸系シャンプー

天然素材で作られているため安全な石鹸系シャンプー。皮脂を落とす効能に優れているのでオイリータイプの人には向いていますが、乾燥肌の人やアトピー性皮膚炎の人には不向きです。原料が天然素材で添加物が使用されていないという面では安心ですが、高級アルコール系に次いで刺激が強いです。

 

アミノ酸系シャンプー

髪や肌にもともと含まれている「アミノ酸」ですが、そのアミノ酸を洗浄成分として使用したのがアミノ酸系シャンプーです。洗浄力が乏しい反面、皮膚へのダメージは小さいので、乾燥肌の人におすすめです。洗い上がりもしっとり潤いを感じられます。

 

シャンプーを選ぶポイント

 

刺激の強さ

シャンプー選びをする上でまず一番に気を付けて欲しいのが、「刺激の強さ」です。肌がもともと弱い方や、アレルギーを持っている方は高級アルコール系や石鹸系シャンプーはおすすめできません。乾燥タイプの人は一番低刺激なアミノ酸系シャンプーを選ぶようにしましょう。

 

洗浄力の強さ

乾燥タイプとは逆にオイリータイプの人は、高級アルコール系や石鹸系シャンプーがおすすめです。頭皮が脂っぽく、べたつきが目立つ人ほど洗浄力に優れているこれら2種類のシャンプーを使用されると良いでしょう。一方乾燥肌の人は、洗浄力、刺激の弱いアミノ酸系シャンプーが適しています。やみくもに洗浄力の強いシャンプーを選ぶのではなくて、それぞれの頭皮タイプに合った商品を選ぶことが大切です!

 

コスト

刺激の強弱、洗浄力の強弱を踏まえてシャンプーのタイプを絞れたら、あとは価格を見て判断してください。ちなみに、市販のシャンプーに多い高級アルコール系シャンプーは比較的安価で、石鹸系シャンプーがそれよりやや高価になり、アミノ酸系シャンプーが最も高いです。しばらく2種類ほど使用してみて、よりコスパが良いと思うものを絞るというのも良いですね。

 

使用感

実際に使用してみてより使用感の良いものを選ぶというのもおすすめです。使用後に髪がパサついたり、ギシギシになったりするなら、どれだけ安価で成分が良くても気持ち良くありませんよね?洗い上がりがよりしっとりなるものを選んで、毎日の洗髪を楽しむというのも意外と大切なポイントです♪ちなみに、洗い上がりが良いのは最も高価なアミノ酸系シャンプーです。

 

 

自分に合ったシャンプーを見つけよう

いかがでしたでしょうか?シャンプー選びをする際は、まず自分の頭皮タイプを認識しておくことが大切です。

 

その上で、自分の頭皮に適したシャンプーを選び、その中からコスパや使用感等を考慮して商品選びをしていきましょう。

 

自分に合ったシャンプーを使うということが、最大のヘアケアになります。シャンプーの買い替えをご検討されている方や、「今のシャンプーは合っていないかも?」と心当たりのある方はぜひこれらを参考にしてシャンプーを選んでみてください。